保冷グッズ スノーピーク Snow Peak 缶クーラー500 Can Cooler TW-505 テーブルウエア 保冷アイテム キッチンアイテム

 

保冷グッズ スノーピーク Snow Peak 缶クーラー500 Can Cooler TW-505 テーブルウエア 保冷アイテム キッチンアイテム

「缶の飲み物を冷たいまま飲みたい」。そんな声をきっかけに、引き算の考え方で開発された缶クーラー。真空二重構造による優れた保温性はもちろんのこと、シンプルな形状の中でこだわったのは、動作の心地よさです。限界まで詰めた内筒寸法と内側に設けた3点の突起により、吸い込まれるように缶がスーッと入り、最後にクッと押し込むことで缶を固定できます。0.1mm単位で何十種類も作り直してたどり着いた小さな感覚の一つひとつにスノーピークらしさを感じていただけるアイテムです。「缶の飲み物を冷たいまま飲みたい」。そんな声をきっかけに、引き算の考え方で開発された缶クーラー。真空二重構造による優れた保温性はもちろんのこと、シンプルな形状の中でこだわったのは、動作の心地よさです。限界まで詰めた内筒寸法と内側に設けた3点の突起により、吸い込まれるように缶がスーッと入り、最後にクッと押し込むことで缶を固定できます。0.1mm単位で何十種類も作り直してたどり着いた小さな感覚の一つひとつにスノーピークらしさを感じていただけるアイテムです。
*Snow Peak(スノーピーク )
「人生に、野遊びを」をコンセプトに日本の新潟県三条市に本社を置くアウトドアブランド。世界に先駆け、「オートキャンプ」のスタイルを生んだ会社として知られる。スノーピークの製品開発はスタッフたちが次の「欲しい」を探すため、今日も日本のどこかで獣道を歩き、川を遡り、大雨に打たれ、力尽きるまで遊んで作られる。オリジナルとしての価値と確かな品質は国内外のキャンパーに一目置かれている。
説明にもあるように、吸い込まれるように缶がスーッと入っていき、最後にクッと押し込むとカチッとハマる感じがとても気持ちがいいです。見た目もシンプルで、家で使っていても違和感がありません。余計なパーツを削ぎ落した、シンプルで使い心地の良い缶クーラー。「缶の飲み物を冷たいまま飲みたい」。そんな声をきっかけに、引き算の考え方で開発された缶クーラー。真空二重構造による優れた保温性はもちろんのこと、シンプルな形状の中でこだわったのは、動作の心地よさです。限界まで詰めた内筒寸法と内側に設けた3点の突起により、吸い込まれるように缶がスーッと入り、最後にクッと押し込むことで缶を固定できます。0.1mm単位で何十種類も作り直してたどり着いた小さな感覚の一つひとつにスノーピークらしさを感じていただけるアイテムです。
サイズφ72×157(h)mm
材質ステンレス
カラー
納期5日から10日程度
その他
付属品
ポイント
インナーサイズ
収納サイズ
送料800円(税抜) ※一部地域を除く 送料について

保冷グッズ スノーピーク Snow Peak 缶クーラー500 Can Cooler TW-505 テーブルウエア 保冷アイテム キッチンアイテム

メーカー:Snow Peak
型番:TW-505
価格:

4,928円 (税込)

[ポイント還元 98ポイント~]
バリエーション:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

■ 商品説明

「缶の飲み物を冷たいまま飲みたい」。そんな声をきっかけに、引き算の考え方で開発された缶クーラー。真空二重構造による優れた保温性はもちろんのこと、シンプルな形状の中でこだわったのは、動作の心地よさです。限界まで詰めた内筒寸法と内側に設けた3点の突起により、吸い込まれるように缶がスーッと入り、最後にクッと押し込むことで缶を固定できます。0.1mm単位で何十種類も作り直してたどり着いた小さな感覚の一つひとつにスノーピークらしさを感じていただけるアイテムです。「缶の飲み物を冷たいまま飲みたい」。そんな声をきっかけに、引き算の考え方で開発された缶クーラー。真空二重構造による優れた保温性はもちろんのこと、シンプルな形状の中でこだわったのは、動作の心地よさです。限界まで詰めた内筒寸法と内側に設けた3点の突起により、吸い込まれるように缶がスーッと入り、最後にクッと押し込むことで缶を固定できます。0.1mm単位で何十種類も作り直してたどり着いた小さな感覚の一つひとつにスノーピークらしさを感じていただけるアイテムです。

■ 商品仕様

製品名缶クーラー500
型番TW-505
メーカーSnow Peak
外寸法 幅72mm × 奥行72mm × 高さ1575mm
製品重量150g
区分 新品

ページトップへ